増えなかった地方移住

公開日:

カテゴリー: アイデア | ニュース | 仕事 | 富山県 | 射水市


先日ご紹介した長嶋修さんの著書に出てきた話題です。

「えっ、コロナ禍で地方移住って増えなかったの?」

と思われる方が多いかもしれません。

実際はマスコミが煽り立てていただけで、

このコロナの2年間だけ切り取ってみても、

大きな動きはありませんでした。

実務で関わっている我々不動産会社の実感としても、

同じ見解と思われます。

 

ただし、地方自治体の戦国時代であることに変わりはありません。

コロナに関係なく、潜在的に地方に移住したいという人は

一定数あります。

およそ1ヶ月前に行われた移住者向けのオンラインイベント

「呉西ってどこ?第2回 呉西圏域オンラインツアー」には、

私も出席し、その空気感を味わいました。

https://careetern.com/event/detail/20220123
(よく見たら、私の紹介が少し入ってました)

参加者は20人弱でした。

大半がちょっと興味がある、のぞきに来た、という感じでしょうか。

まじめに移住を考えている人は、しっかり発言されていましたね。

 

ということで、各自治体は生き残るため

(住民を確保するため=住民税という財源を確保するため)

に、必死です。

今月、昨日もイベントを開催されていたようです。
https://toyamakan.jp/news/gosei-iju

私も、射水市の魅力を知っていますので、地方移住の一助となるべく、

不動産業務に関連していろいろ協力をしているつもりです。

でも、ニュースや記事に取り上げられるような

結果につなげるには、まだまだですね。

別に注目されたいわけではないのですが、

地道にコツコツ、続けていきたいと思います。