漆喰塗りをしました

公開日:

カテゴリー: 仕事 | 射水市 | 空き家活用


漆喰(しっくい)を塗ってきました。

↓ビフォー

↓アフター

直後の打ち合わせで「なぜ?」と聞かれたので、

「ボランティアです」と答えました。

間違っていないですよね、Sさん?笑

 

プロジェクトを作り、古民家を再生して、地域の発展に貢献する。

とても壮大な事業のように聞こえますが、やることは地道です。

お金もすぐに生み出せるものではありません。

「未来への投資」と言えば聞こえは良いですが、

必ず利益につながるか不透明な部分もあるので

(大損はしませんが)

ボランティア、と言うのが適当でしょう。

世のため人のため、良いことをしているのは事実ですから。

 

・・・話は戻って、

古民家再生の「ボランティア」で漆喰塗りをしてきました。

私は漆喰を壁に塗れるように、

水と混ぜて撹拌する係を主にやっていました。

終わったあとは全身白くなってました。

手がカサカサ、カッチカチでした。

漆喰塗りは1年半ぶりだったかな、だいぶヘタクソでしたね。

撹拌は割とうまくできていたようです。コツを掴めたかも。

通りすがりのおじさんに、

「古き良きものを残してくれるのは、

あんたらのような若いもんじゃないとできんな」と言われ、

ちょっぴり誇らしく思えました。

 

自社の管理物件(元空き家)も増えている中、

実はボランティアをやっている場合ではなく、

自社物件を優先して進めていかなければならないのが現実。

現実から逃げてばかりいてはダメですね。