スタッフ紹介

代表、営業、総務、人事、事務、経理、雑用全般/宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、照明コンサルタント、古民家鑑定士
伊藤 和也(いとう かずや)

コシヒカリがおいしい、新潟は上越の生まれです。

千葉大学の法経学部法学科を卒業後、 東京のオフィスビル・店舗の賃貸を専門に4年半勤めました。
その後、別会社にて売買や競売の経験を積み、 人の繋がりだけをたよりに、ここ北陸の富山にて不動産業を開業、現在に至ります。

ひとり一人の生活の基盤である衣・食・住の「住」。
ひとり一人の思いが集まる大切な「家」や「まち」に関わる仕事をしたいと思い、これまで14年間、不動産ひと筋でやって参りました。

食べ物や衣服とは異なり、思っている以上に複雑なのが土地や建物の取引き。
専門用語や、よくわからない数字もたくさん出て来ます。

よくわからないまま契約してしまい、後で聞いてみると「えっ、そんなことになってるの~?」ということもよく耳にします。

「利他」の精神をモットーに、できる限りわかりやすく、ご納得いただけるように対応することを心がけています。

事務経理サポーター
川嶋 邦雄(かわしま くにお)

生まれは静岡県浜松市です。
 
前職は保険会社の営業でしたが、不動産にも興味があり、縁あって当社で働くことになりました。
 
保険は生活や事業活動に不可欠なものですが、不動産はそれ以上に直結しているのではないかと、日々知らされます。
 
先日は古い建物の売却依頼に伴い、上下水道の配管の現状確認作業のため、市役所と現地調査に行きましたが、今まで配管のことなどほぼ考えたこともありませんでしたが、もしなかったらとても困りますね。
 
未経験分野で分からないことばかりですが、お客様の暮らしや仕事がより素晴らしいものとなるのに貢献できるよう、一つ一つの仕事に一生懸命取り組み、それを通して自己成長していきたいと思っております。

営業サポーター/宅地建物取引士
針谷 理恵(はりがい りえ)

出身は“かかあ天下と空っ風”で有名な群馬県です。

(かかあ天下とは、一般的にご主人より強い奥さんのことを言いますが、本来は、世界遺産となった富岡製糸場で、当時、働き者のかかあを「俺のかかあは天下一」と夫達が言ったことが始まりです!)

大学卒業後、父の不動産業を引き継ぎ、ご縁があって営業サポーターとして従事しております。

様々な案件をお世話させていただき実感するのは、土地や建物に対するご事情や悩み、ご要望は十人十色ということです。

依頼主様やご家族が、“居場所”への夢や願いを実現されたり、物件を取り巻く悩みを解決し、安心してお過ごしいただけるよう、お客様の心に寄り添うことを心がけております。