バブル再び

公開日:

カテゴリー: アイデア | ニュース | 仕事


長嶋修さんの新刊

『バブル再び 日系平均株価が4万円を超える日』

を発刊早々に購入しました。

早く読み進めたいのですが、読む時間がありません・・・。

合い間合い間に読んでいます。

 

このタイトルを読むと

「わたしの不動産、これから価値が上がるかも・・・」

という期待を持たれるかもしれませんが、

残念ながら、富山にはほとんど関係ありません。笑

一部都市、特に東京の都心部に限ったことと認識しています。

逆に、富山のような地方では、

「これ以上価値が下がる前に早めに売却したほうがよい」

という不動産が多いかもしれません。

ここが、この本のポイントの一つだと思っています。

 

投資用不動産として、世界的に見ると割安感のある東京都心部。

実際に中古マンションや一棟ものは、

価格が上がり、品薄状態とも聞いています。

(知り合いの東京の不動産業者の方も、そのように言われていました)

 

コロナ禍から丸2年が経とうとしているこの時期を踏まえ、

世界規模の金融事情といったマクロ視点から、

地方の空き家問題や不動産売却のポイントなど

卑近でミクロな視点まで書かれている本著。

まだ読み進められていませんが、ためになる一冊だと思います。

また読み進めてみて、書きたいことが出てきたらここに書きます。