射水市・新湊のまちを盛り上げる!

公開日:

カテゴリー: 仕事 | 富山県 | 射水市 | 空き家活用  タグ:  | | |


去る1月30日(日)の昼、新湊は内川沿いの一角にて、

おやつの販売をしていました。

いやぁ、こんなこともやってるんですねぇ、伊藤さんは。

雪が降っている中、射水市よりお借りしたキッチンカーで販売。

寒すぎるっ。

調理・販売していた商品は

『UMIMACHI浪漫サンド』(500円・税込)

私は調理担当でした。

フライヤーで揚げるこの感覚、昔やった記憶があるなぁと思いだしていたら、

大学生時代にコンビニでバイトしていた時にやっていました。

袋詰めしている時に「なんかやりづらいなぁ」と思っていたら、

「トング」が足りないと気づいたので、

次回以降に用意してもらうことになりました。

素手の作業が減るので、効率上がると思います。

このサンド、射水のこだわりが詰まっているのです。

新湊かまぼこさん特製の『おいねりさん』をじっくり揚げ、

白えび入りのタルタルソースとマスタードを添え、

和菓子 伝風堂さん特注のどら焼きの皮で挟んで完成。

お手軽で、甘じょっぱい味が、想像を超えてマッチするんです!

監修は富山出身の料理家、沢樹舞さん。

われらが射水市のためにご尽力いただき、ありがとうございます!

 

将来的なまちづくりの一環として、

少しずつこういった「イベント」を重ねていき、

このキッチンカーの後ろにそびえ立つ

古民家を活用したプロジェクトを推進中です。

この日も、射水の魅力を知りたいという勉強熱心なツアー客の皆さんに、

古民家見学と先ほどのサンドを食べていただきました。

ご満足いただけたかなぁ?

来年までにはプロジェクトが本格始動するので、

またお越しいただきたいですね!

 

不動産的な視点で見ると、

空き家で放置されていた古民家を再生、活用事例を作り出しつつ、

観光を通じて射水市の関係人口を増やし、

移住・二地域居住のきっかけを生み出すストーリーです。

 

今は大きな「点」を作っているところですが、

今後生まれ出る点をひとつ一つ繋いで「線」として、

いずれ「面」となって、

地域の価値を創出していけるようにしたいと思います。