「やらない」ではなく「できない」?

公開日:

カテゴリー: アイデア | 仕事  タグ:  | |


今日の午前中は、人生の大先輩にあたる方と話をしていました。

私のやっている「空き家活用」というものは、

入り口はとても地味で、面倒で、

エネルギーが必要なことなんです。

そして、大して儲からない(^_^;)てへっ

 

普通の生活をしている方であればできるであろう

「掃除」「洗濯」「ごみ出し」「片付け」「買い物」

やることはこれだけなのですが、全てできる人がなかなかいない。

一昔前は

「やり方を指示してください」

「教えてくれなければできません」

という人もあったなぁ・・・。

最近の流れは、

自分の長所や自分に合ったものだけを

追いかけ伸ばしていくこと。

自分にできないことや合わないことは「やらない」。

「自活力」が低下して、

物理的にも、経済的にも、精神的にも

生き残れなくなってしまう日本を象徴しているような気がします。

 

こんな時に活躍してくださるのが、経験豊富な大先輩の方々。

ただし、私のような若造と気が合い、

話を聞いて助けてくださる方は稀の中の稀・・・。

時間的にも、精神的にも、

「できる」方にお願いするのがベストかな、

と判断しました。

誰もやらない、誰もできないからと言って、

自分ひとりで背負い込むのはもうやめたいのです・・・。

私にしか「できない」ことに、力を注ぎたい、今日このごろ。