不動産の仕事の重要性がなくなってきた

公開日:

カテゴリー: アイデア | グローバル | 仕事  タグ:  | | |


不動産会社の代表でありながら、おかしなことを言います。

今は不動産業者の醍醐味がなくなっているように思います。

安く売って高く売るとか、

大きな案件を動かすとか、

利回りがどうのこうのなど、

そんなの私にはどうでもよくなってきました。

今の私の使命は

「まちづくり」と「ひとづくり」

と思っています。

 

「まちづくり」は高校時代から学んで

自分の中でイメージを形作ってきたもの。

20年以上経った今、まちの構成員として、

自ら実践する時期に入った気がします。

これは不動産業的な仕事の一つになるでしょうか。

 

「ひとづくり」は先日書いた

「自活力」

を鍛えることです。

一つ飛び抜けたものを持つ天才もいいかもしれないけど、

通じ合うものを持っていないと分かり合えず孤独になるし、

周囲・環境に柔軟な力も兼ね備えたいものです。

自活力がないと「まち」を壊しかねない、

ということも考えていて、無関係ではないと考えます。

なんだか理屈っぽいですよね。苦笑

 

そんなもので、

不動産業をやりつつも、

不動産的なところから一歩も二歩も抜け出して、

違う視点で業務に取り組んでまいりたいと思っています。