第3次緊急事態宣言

公開日:

カテゴリー: アイデア | ニュース  タグ: 


昨日、東京都・大阪府・兵庫県・京都府で発令されました。

勝手に「第3次」と付けましたが、

やはり抑え込むということは難しく、

かれこれ1年以上付き合いを続けていても、

コロナとの正しい「付き合い方」が確立できていない実態が見受けられます。

都心部は逼迫、地方はノホホンとしている様子も、

富山のニュースを見ているとよくわかります。

そもそも、本気で対策しようと、

国や自治体、各企業は考えていますかね?

対コロナへの変化に抵抗する勢力でもあるのでしょうか?

個人的には、なにかしらの情報操作やら、

ホンネを表に出してはいけないと叫ぶ

抵抗勢力のようなものがあるような気がしてなりません。

マスコミは該当インタビューや苦しんでいる人の声を拾っているだけで、

不安を煽ったり、政策の良し悪しを言うばかり。

この1年間ずっとそうです。

その一方で、コロナを放っておいても、株価は上がっているし、

ノーダメージの分野や儲かっている人もいます。

絶対何かあるな・・・と思いますね。

前から気になっているのは、飲食店の時短営業、

いい結果が出せているのでしょうか?

コロナの中でもがんばって残業して帰途に就く会社員が

一息ついて外で夕食(ひとり晩酌)をとることができなくなっています。

「家に帰って食事を作れ」

「料理できない人はインスタント品で済ませよ」

と強制されています。

マスメディアを使い、コロナ対策のモデル事例を事業者だけでなく

一般の人にも広くアナウンスして、

コロナ禍であっても売り上げを確保する新形態を

確立していく方向に舵を取るべきではないか、と。

でもそれをしてしまうと、既得権益を失ってしまう人がいるのか、

新しいアイデアを出した人が損をしてしまうのかわかりませんが、

そういう情報があまり出て来ない、

政策が実施されないのが現実です。

不動産業界も同じです。

みんな

「ヒマになった」

「売り上げが落ちた」

「売れるものは売れる」

と聞きますが、私がライバルに見えるのでしょうか、

本音を伝える、教えてくれる同業者はいません。

また、以前もブログに書きましたが

「日本史上過去最大級」の事業者向けの補助金である

「事業再構築補助金」を使おうとがんばっている人、推進している人、

周りにいるでしょうか?

私はまだまだ方針が固まっていないため着手できていませんが、

こうしたらいいよというニュースやら情報がほとんど出てきません。

一度、ググってみてください。

申請殺到しているようですが、

テレビやラジオや新聞では、ほとんど情報が得られないですね。

私も含め、何も知らない庶民だけ

虐げられているような気がしてならない今日この頃。