不動産の動向(2020年7月)

公開日:

カテゴリー: アイデア | 仕事  タグ:  | | | |


環境や動向が変わりやすい状況ですから、月に一度は、こんな感じに記録しておきたいと思います。

 

1.内覧者が増え、動きが出てきた

6月半ばぐらいから「内覧できますか?」という問い合わせが増えてきています。緊急事態宣言が解除されてから、外に出てもいいのかな・・・と思う人が増えているのでしょう。

しかし、内覧者が増えたから成約数が増えているかと言うと、それは別の話。対応するこちらから言えば「冷やかし」率が上がっているとも言えます。期待はずれ、肩透かしというものです。

 

2.価格交渉しやすいかも?

そんな中、売主さんや貸主さんの立場からすれば、久しぶりのお客様です。
個人差・地域差もあり、状況にもよるでしょうが、結構むちゃな交渉に応じてくれるオーナーさんに出くわすこともあるのだとか。あくまで人伝に聞いた話です。

私もそういう人に会ってみたいです。笑

 

3.値崩れはない

これが重要ですね。新型コロナの影響で株暴落、不景気だ、職を失う人が増えた、会社倒産だ~、といろいろ騒がれていましたが、株価だけは持ち直し、不動産の価格下落も免れた様子です。

10月ごろまで、動きはなさそうな雰囲気ですね。ある意味安定しています。