「リースバック」をご存知ですか?

公開日:

カテゴリー: アイデア | 仕事 | 富山県  タグ:  | |


一応、前回の記事の続きです。

不動産を「不動産業者に買い取ってもらう」という話の、亜種と言っていいかもしれません。

「リースバック」とは、自宅を「所有」から「リース(賃貸)」に切り替える、つまり、自宅を不動産業者等にいったん売却してまとまったお金を手元に置きつつ、今ある住まいを手放さずに家賃を支払いながら住み続ける、という仕組みです。「セール&リースバック」とも言われます。

富山ではまだまだ事例が少ないと思いますが、関東圏といった都市部ではCMでもよく見かけるようになってきています。

このご時世、収入が減少し住宅ローンをはじめ各種返済がつらくなりお持ちの不動産を売却してなんとか凌ごう、とお考えの人も増えてきているかもしれません。下記のような理由で活用される事例があります。

・年金だけでは足りないなど老後の生活費を補うため
・事業資金の調達のため
・負債を減らすため
・子に相続させずに済ませたいため

加えて売却して賃貸住宅へ引越すことに比べ、以下のようなメリットがあります。
・買主を探す必要がないので現金化までの期間が比較的短い
・引越しする必要がない
・売却したことが周りに知られない(←富山では結構重要ポイントです)
・買い戻しが可能

特に、同じ家に住み続けたい人にとっては、メリットが大きい仕組みなのです。
ただし、条件に合うかどうかが難しい面もあります。
1)主に不動産会社による買取りになるため、その会社にとって「収益物件」として成立しなければなりません。つまり、価格と家賃のバランスが取れていなければならないのです。
2)住宅ローンが残っている場合、売却価格が住宅ローンの残債よりも高くならなければなりません。例えば、住宅ローンが1500万円残っている状態で売却価格が1000万円だった場合、抵当権の解除ができないため、リースバックを利用することができないのです。

また、リースバックには以下のようなデメリットもあります。
・売却価格が周辺相場よりも安くなりがち
・毎月の家賃が周辺の家賃相場よりも高くなることがある(年間のリース料の目安は、売却価格の10%前後が多い)
・買戻し可能でも、売却時より費用が高くなる場合が多い

メリットとデメリットを踏まえた上で十分な検討が必要です。

富山の場合は、賃貸の可能性が高い所として、立地の良いマンションや、生活に便利な住宅街、借り手が付きそうな特徴を持つ古民家のような物件が、リースバック向けの物件と言えるでしょう。