他人に、やさしく

公開日:

カテゴリー: 仕事


同じ不動産会社に問い合わせをしたり、相談したりすることがあります。

普通に考えると、同じ地場の同業者だと、

ライバルじゃないのかって、思われるでしょうが、

意外と相談に乗ってくれます。

横のつながりって、大事ですよね。

このような関係があるので、顧客である皆さまにとっては、

一つ、地元の不動産会社に声をかけていただければ、

物件紹介においては、まず問題ないと

考えていただいてよろしいかと思います。

問題は、対応してくれる「人」です。

不動産会社は、物件を提供するだけが仕事ではありません。

それ以外の質問をすると、

「面倒くさそう」

「なんとなく嫌がっている」

「やる気あるの?この人」

「傲慢、上から目線感が強いなぁ」

という人に、たまに会います。

自分のお客さんにはすごく親切、丁寧、やさしい、という人がいても、

同業者には態度がキツイ、同業者が抱えている客なんか知ったこっちゃない、

というキビシイ人がいるのも、事実です。

こういう人に出会ってしまうと、とても残念な気持ちになりますし、

私も、もう関わりたくなくなります。

でも、その人が情報源だったり、お客様のことを考えると、

そうも言っていられないのが、もどかしいところなのですが…。

不動産会社って、なんだかんだで、うまく売上を出せてしまうんです。

年に1件大きな仕事をすれば、生きていけたりします。

それなら、他の同業者とかかわらなくても、さほど問題ないですからね。

不動産会社が新規参入、淘汰されて、増減を繰り返すかと思いきや、

意外と潰れないという理由の一つです。

むしろ、富山の場合は、後継ぎがいなくて廃業、

というケースが多いようです。

人は必ず、どこかで繋がるものです。

特に、富山は狭いですから、

いつでも他人にやさしく接していきたいものです。