お隣さんから、大根いただきました♪

公開日:

カテゴリー: 仕事 | 富山県 | 空き家活用


冬に大活躍する野菜、大根。

お隣さんが作っておられる畑で、朝とれたてをいただきました。感謝!

弊社事務所は、住宅街の中にポツンとあるので、周りは民家ばかりなのです。

畑をお持ちのご近所さんが多く、雪の時期以外はいろいろと野菜を作られています。

きゅうりやミニトマト、なす、かぼちゃなどいただいたことがありますね。

 

この畑、何十年も前から畑だったわけではないようです。

もともと家が建っていたのですが、住む人がおらず、老朽化してきたので解体。

その後、人に譲ることなく、畑として老後の営みに使われている、

という経緯があるのです。(全てがそうではないです)

もともと昔の町並みで、隣家との間隔が殆ど無い、窮屈な場所だったようですが、

こうして畑がぽつぽつとできてくると、うまい具合に家と家との間に空間が生まれ、

また、近隣の方同士で、作った野菜を分け合ったり、コミュニティが生まれます。

これって、いいですよね!

お金をかけずに、空き地の活用にもなるし、住環境も良くなるし、

人とのふれあいも生まれるなんて、いいことづくめじゃぁないですか!!

 

ただ、それだけ高齢化が進んでいるエリアであることは否定できません。

同じ町内でも、少し離れたところに、宅地造成された新興住宅街もできつつあります。

今後、いかに若い世代の人たちに引き継いでいけるか、

下手すると分断状態になってしまいかねませんので、

当事者同士の働きかけが重要になってくるところです。

 

実は弊社事務所の裏手には、払い下げされたマンションもあり、

けっこう複雑なエリアになりつつあります。

全部戸建ての住宅だったら、わかりやすいんですけどね。

 

近くにいながら、いい勉強になります!