日本のベニス 内川

公開日:

カテゴリー: 富山県 | 射水市


射水市の観光地って、どこだろう?という話になると出てくるのが、

新湊エリアにある「内川(うちかわ)」

「日本のベニス」と言われています。

初めに聞いた時は「そんな形容詞、おおげさな」と思っていました。

昼に行くことがほとんどなく、専ら夜の散歩コースです。

川沿いを歩く、ということが気軽にできるのは、射水市の利点かもしれませんね。

こんな雰囲気です。

ちなみに、本場イタリアのベニス運河はこんな感じ。

・・・うん、だいぶ違うけど。汗

「日本のベニス」という形容詞は、観光のためと割り切って、がんばって使ってほしい。

将来、もっと街を作り込むことができれば、また評価や印象も変わってくると思う。

実は、気になって調べてみると、もっと「日本のベニス」にふさわしい場所があるんです。

その名は・・・「小樽」

おおお、ベニスっぽい!

北海道の観光資源の多さは、強力ですね。

ハードルを上げるわけではないですが、良いところを伸ばす方面で、

まちづくりを進めていく必要があると思うのです。

そのため「日本のベニス」という形容詞がふさわしいかどうかも、

やはり疑問が残ってしまうのですが・・・。

 

個人的にここはいいな、インスタ映えしそうだな、と思ったのが「あずまばし」

夜中、こんな風に撮ると、かっこいい!

木組みの屋根付きの橋というのが、富山らしさのある構造物という気もするのです。

「どこに焦点を置いて、まちを作るか」

かなりポイントだと思います。