住宅ローンの金利は上がる?

公開日:

カテゴリー: ニュース | 仕事


2018年9月2日、業界的に、少しざわつきを感じる出来事がありました。

大手銀行4社が、住宅ローンの金利を一部上げたのです。

お客さんから、

「住宅ローンは底打ちかね?」

「来年10月には消費税も上がるから、今が買いってことだよね?」

と似たような質問が出てきます。

 

そして今日、フラット35まで金利を上げてきました。

前月が年1.34~2.07%だったところ、

9月は年1.39~2.02%と、

最低金利が0.05%上昇。

(最高金利は下がっているんですけど)

昨年10月以来、最大の上げ幅だそうです。

 

・・・これはマズイ!!

今後、金利が上がり続けるんじゃないか?

不動産を買うなら、いまでしょ!

そんな雰囲気になりやすくなってきています。

実際、どうなるんでしょうか??

 

・・・私にそんなこと聞かないでください!!

わかるわけないじゃないですか!笑

でも、現在の金利がかなり安いのは、

ここ十数年ほどの動きを見るとよくわかります。

参考までに、下記「フラット35」のサイトを御覧ください。

https://www.flat35.com/kinri/kinri_suii.html

一番安かったのは、平成28年の8月でした。

0.90%~1.57%

現在より0.4%以上安いですね。

 

つまり。

少なくとも言えることは、

「今に始まった話ではない」ということです。

すでに金利が上がり始めて、2年経ちましたよ、という状況ですね。

ただし、

2019年10月の消費税増税、

2020年夏の東京オリンピック後の消費低迷という、

景気低迷要因が控えているので、

しばらくは金利が上がり続けることはないだろう、

という見解をよく耳にします。

 

今言えるのは、現時点で不動産購入を考えている人なら、

少しでも購入費用が上がることが見えているので、

希望の場所に、希望の建物が手に入る状況ならば、

いいタイミングで良かったですね、

と言えると思います。

 

不動産を買う目的は、

長くそこに住む、その場所を使うことですから、

焦って購入するようなことがないように、

気をつけたほうがよいと思います。

 

・・・私?

いい物件で、いい条件の物件が見つかり、

買えるお金があれば(借りてもやっていければ)、

その時が「買い」だと思ってます(^O^)v

金利も含めて、いい条件が揃って、はじめてGO!ですね。