空き家対策の現実問題 その1

公開日:

カテゴリー: 仕事 | 空き家活用


私が不動産屋だと言うと、空き家問題について話題を振って来られる方が多いです。

「空き家対策って、何をしているの?」

「こんなに空き家があるのに、何で売りに出ないの?」

「こんなに空き家があるのに、何でみんな新しく家を建てているの?」

大概、このようなご質問です。

 

今回は、2番目の「こんなに空き家があるのに、何で売りに出ないの?」に

答えていきたいと思います。

これは一言でカタがつきます。

「売る気がないから」です。

持ち主が売る気がなければ、売りに出ません。

「国を挙げて空き家対策しましょう!っていう時代なんですから、

 ○○さんも、誰も使っていない不動産があったら、

 さっさと売っちゃいましょうよ」

なんて、言えないですよね。笑

(いや、そういう営業をしている不動産屋もいるかもしれないけど・・・)

 

不用品は、さっさと売ってお金にする。

「メルカリ」をはじめとするフリマアプリが出てきてから、

特に加速しているように感じられます。

私は、この流れに賛成です。

日本の「Mottainai」文化にも適っていますし。

「断捨離」で、自分を変えられる気もするし。

不動産の流通が増えれば、不動産屋も商売繁盛しますし。(ニッコリ)

 

ただし、それを妨げるものがたくさんあります。

一番は「気持ち」です。

説明するまでもないですが、

子供のころからずっと遊び相手になってくれた

ピカチュウのぬいぐるみを、

捨てるのは忍びないですよね。(持ってないけど)

 

不動産の場合は、さらに事情が「濃い」です。

「先祖代々受け継がれてきたこの土地を、オレの代で処分するには荷が重すぎる」

「わたしは全然売っても構わないんだけど、姉貴が絶対売っちゃダメ!って言うし」

「親父が一生懸命働いて建てた家だから、そのままにしておきたいんだよね」

「売ってもいいんだけど、荷物がいっぱいあって、

 処分や移動に時間も手間もお金もかかるからね。めんどくさい。」

 

と言って、

 

「自分は、こんな田舎で、冬寒くて、でかすぎる家には住みたくないんだよねー」

と、別の所に土地を買って家を建てるのです。

今は住宅ローンの金利も安いですから、拍車がかかってます。

 

・・・と、こんな理由で、空き家が売りに出ないのです。

時間が経てば、売りに出る可能性はありますが、動きは鈍いようですね。

売る気が起きましたら、ご相談ください(*´ω`*)