不動産の動向(2021年11月)

公開日:

カテゴリー: 仕事


今月は、これに尽きます。

「納得感のあるものしか、売れない」

 

相談件数は一定数あります。

相談件数のうち、何割かの方は、売却しようと決断される方もあります。

ところが売りに出したものの、なかなか売れません。

①売地が多い

ウッドショックをはじめとするコロナの影響で、

新築はやや不調の中、土地の需要は下がっています。

 

②売れにくい中古住宅が多い

これは私たち不動産業者の力不足も理由の一つ。

ある程度すぐ住めるような家をお探しの方が増えつつある中、

売りに出ている中古住宅の「商品性」がイマイチに感じられます。

 

不動産業者が買い取って、リフォームして再販するという、

私が一番キライなやり口ではありますが、

商品生が高まる手法としては、需要がある時代だと思います。

でも、イヤだなぁ・・・笑