不動産業界とキャッシュレス

公開日:

カテゴリー: グローバル | ニュース


結論から申しますと、

推進されるキャッシュレス決済は、

不動産業界には馴染まないように思います。

…終わらせてはダメですね。笑

来年のオリンピックに向けて、

キャッシュレス社会を、政府が推進しまくっております。

不動産業界は、そもそも支払う額が大きいので、

キャッシュレス決済には不向きと思われています。

では、どこで活用されるのかと言うと、

「家賃の支払い」ですね。

家賃数万円レベルの物件で、手軽に決済できれば、

1)ポイントが貯まる

2)ATMまで行かなくても、支払いがカンタン

というメリットが得られそうです。

あとは、時代の流れに乗っている感がある、ということでしょうか。

論点はズバリ、1番目の「ポイントが貯まる」という点です。

毎月の固定費で、おそらく一番高いのが、家賃だと思います。

クレジットカード、電子マネー、コード読み取りなど、

いずれも0.5~数%のポイント還元がありますから、

家賃が5万円だとすると、

毎月250~2,500円(!)が手に入るわけです。

〇〇ペイでよく聞く「20%還元」が適用されたら、

1万円も還ってきます。ヒャッホー!!!

ただし、家賃滞納対策には、

あまり効果がないのではないかと思ってしまいます。

私なら、ポイントを確実にゲットしたいので、

忘れずに〇〇ペイで支払いますけどね!

現行の家賃支払い方法は、

・現金手渡し(いまだにあるんだよね)

・口座振込み(これが一番多い)

・口座振替(自動で引き落とされるので、一番安心)

・クレジットカード払い

があります。

クレカ払いが一番いいんじゃない?ポイントも貯まるし。

と思われますが、導入する側の負担が大きいのがネック。

読み取り機と手数料が高いそうです。

電子マネーも導入側が読み取り機等を用意する必要があるので、

初期費用がかかります。

そこで現れたのが、スマートフォンの画面に

バーコードやQRコードを表示させて読み取るだけの、〇〇ペイ。

初期費用や手数料がだいぶ抑えられるので、

これから利用する企業が増えるのではないか、と言われています。

でも「家賃滞納を防ぐ」という観点からすれば、

勝手に口座から引かれる「口座振替」や「クレカ払い」

が断然よいです。

特に「クレジットカード払い」です!

増え続ける外国人居住者のためにも、ぜひ!と思うのです。

外国から来た人は、口座をすぐに用意できません。

でも、クレジットカードは持っています。

グローバルな視点からも、クレジットカード払いが相応しい!

と強く思うのです。

日本のキャッシュレス化は、やはり何か違う気がします。

世界的に見ると、きっと独特なんじゃないだろうか。

携帯電話のガラパゴス化も、日本独自の流れでしたからね。

クレジットカード決済の導入を軽くするようなアプローチを、

富山の一不動産屋は、期待しています。