インフルエンザ警報!

公開日:

カテゴリー: ニュース


こんばんは。

マスクが欠かせない時期に突入しました。
(人混みでマスクしていない人は、平気なんだろうか・・・?)

インフルエンザ、大流行状態でございます。

早速、わたしも罹ってきました。

いえ、罹りたくて罹ったわけではないのですが・・・。

39.4℃の高熱、悪寒、節々の痛み。

この3つが強烈で、夜寝れませんでした。

でも、タミフル飲み始めたら、1日半くらいで快方へ。

周りでも、そんな感じの方が多いようです。

さっと罹って、さっと治しておくのがいいのかも?

来週から契約業務が重なってくる予定でしたので、

タイミングは良かったと思っています。笑

インフルエンザには、「レベル」が設けられているそうです。

しかも、国立感染症研究所が発表するレベルと、

実際に自治体が発令するインフルエンザの

「注意報」や「警報」とは異なるそうで、

ニュースを聞いていると、紛らわしいですね。

国立感染症研究所では、全国約5000の医療機関で、

1週間に受診した1医療機関当たりの患者数をもとに、

インフルエンザの流行状況を判断しているそうです。

1医療機関あたりの患者数が10人を超えると「注意報レベル」、

30人を超えると「警報レベル」だそうです。

富山県内では、今月第3週(1月14日~1月20日)で

警報レベルとなる30人を超えて41.94人となっているそうなので、

かなり流行っている状態ですね。

富山県でも、「インフルエンザ警報域に入りました」

と、本日アナウンスされている通りです。

一度罹っておいたら?なんて気軽なことを言ってしまいましたが、

受験生は大変です

人生を大きく左右するかもしれない出来事の一つ。

皆さまも十分に気をつけていただきたいと思います!