その地で何が起こったか

公開日:

カテゴリー: ニュース


瀬戸市に出張している間に、富山で大変な事件が起きていました。

21歳男性が交番を襲撃し、警察官を殺害。

拳銃を奪い、小学校に向けて発砲。

そこでまた1人亡くなられたという、

富山ではなかなか考えられない、ショッキングな事件でした。

 

ちょうど今週の月曜日に、この交番の前の通りを走っていたので、

2日後にこんなことが起こるとは・・・。

地方都市の平穏な空気が、一瞬にしてブチ破られた思いです。

 

業務上、土地の査定をする時に、

防犯上安全な街かどうかを表す指標が出てきます。

盗難や暴行の件数などですね。

それが直接、土地の価格に影響を与えるかというと、そうでもないのですが、

住みたいかどうかのイメージに繋がります。

こんな感じで統計データを調べることができます。

小さくて見づらいのが申し訳ないのですが、

・火災発生件数は14件/年

・交通事故発生件数は637件/年

・犯罪発生件数は11件/年

と出てきます。

ただし、富山市全体のデータなので、

ピンポイントでその街の情報を得ることはできません。

県庁所在地であり、人口も県内で一番多いですから、

この数字でも県平均を上回る数になります。

「その街を知る」というのは、データ収集が難しい(地方ならなおさら)ので、

その街に長く居る人から聞く、

知っている人から聞く、

意見をもらう、というのがいいと思います。

 

不動産業者は、こういうことがあった場所、というデータを蓄積して、

お客様に情報開示できるようにしたほうがいいかもしれません。

特に、県外から来られた方、その地に不慣れな方にも、

少しでも安心してもらえるようになりますからね。

 

・・・自分で自分の首を締めるような結論になってしまいましたが、がんばりたいと思います。