県外の不動産でも相談に乗ります

公開日:

カテゴリー: 仕事


「相談に乗ります」というより、

「相談に乗れるのが弊社」ではなかろうか。

 

大概、他社さんは県外や遠方には足を運べないので、

足を突っ込まないことかと思います。

「東京で10億円のビルを売りたいんだけど」

と言われたら別でしょうけど。

 

先程まで、香川県「小豆島」にあるご実家の処分について、

ご相談に乗らせていただいておりました。

皆さん、読めますか?

「あずきとう」じゃないですよ。笑

「こまめじま」でもないですよ。笑

 

宅建業者(不動産会社)は、都道府県の免許を得れば、

全国どこに行っても仕事ができます。

(事務所を他県に置く場合は、国土交通省の免許が必要です)

 

でも、5万円のアパートの仲介のために、北海道まで行けませんから(笑)、

物理的あるいは金額的な制限はかけています。

半径600km圏内までなら、仲介業務が可能です。

西は兵庫県、東は茨城県くらいまでできます。(実績あります!)

金額面は、応相談です。

先に例に挙げたように、遠方の地方の賃貸物件の仲介は難しいでしょうね。

売買の仲介のお話なら、なんとかできると思います。

 

話を戻しまして。

 

小豆島(しょうどしま)の家の売却については、

物理的に私が行って案内や契約をするのは難しいと判断しました。

ただ、宣伝方法が、小豆島町の空き家バンクと、

地元の不動産屋のホームページに小さく書いてある(写真も間取り図もない!)

くらいでしたので、弊社で「広告宣伝のみ」応援できるかな、と思いました。

ひとまず、動いてみましょう。

 

後日談が語れるように、結果を残したいと思います。